イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢丹百貨店のオリーブオイルバー

また伊勢丹百貨店のオリーブオイルバーに寄ってきました。こちらは、30種類以上のイタリアのオリーブオイルをカウンターで、テイスティングさせて頂いて、気に入ったものを購入できるお店です。日本でもここまで、充実した品揃えでしかもテイスティングも全部させて頂けるお店は、数少ないと思います。やっぱり、お値段の高いイタリア産エクストラバージンオリーブオイル、しっかり味見して気に入ったものを購入したいですよね。お洋服や靴、鞄などの商品のセレクトのセンスの良さは、さすがは伊勢丹百貨店、地下の食料品売り場やオリーブオイルのコーナーも例外ではありません。なぜか、こちらではイタリア産のオリーブオイルのみ販売、イタリアにこだわりをもって仕入れておられるようです。イタリアの産地の表示(リグーリア産、トスカーナ産、シチリア産、プーリア産など)分りやすいラベル表示や、マイルド、グリーン、ストロングの3タイプで分かれており、イタリアのエキストラバージンオリーブオイルをはじめて買われる方にも、こだわりのオリーブオイルを探しに来られた方にもわかりやすい陳列になっていました。お店の方のアドバイスもよかったです。さっそく、マイルド、グリーン、ストロングの3タイプをテイスティングさせて頂きました。トマトの香りのオリーブオイル、若草の香り、どのオイルもすばらしかったです。ふと棚を見上げると、夫の出身地マルケ州のオリーブオイルが1本ありました。お値段もトスカーナ産の倍の価格がついておりました。なんでも、マルケ州は、生産量が少ないので、お値段も高くなるそうです。いや~、どれも個性が違っていて、優劣つけがたく、本当にすばらしいオリーブオイルをテイスティングさせて頂きました。今使っている瓶がなくなったら、ぜひシチリア産で気に入った1本を買いに伺いたいと思います。その後、上の階で見た靴や、鞄、お洋服は素敵で目の保養になりました。もっぱら私はウインドーショッピングのみでしたが。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/84-3f82f710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。