イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りのオリーブオイルを見つけよう!

テイスティング会に参加された方に必ず聞かれること。それは、どのメーカーのどの銘柄のオリーブオイルを買えばいいんでしょうというご質問です。コースに参加して、今まで質の良くないオリーブオイルを買っていたことはわかったけれど、今後どれを買ったら、おいしいのでしょうか?それについてはいつもお答えすることができなくて困ってしまいます。値段の高いオリーブオイルが必ずおいしいともいえません。
私は、その時シチリア産の香りの高いオリーブオイルを持って行ったのですが、ある方は、このオイルは香りが強すぎて苦手だとおっしゃったのです。欠点が無くてもそういうことが起こります。現地イタリアでも自分のお気に入りのオリーブオイルは、みんな違うということです。また去年この銘柄がおいしいからといって今年もまったく同じ味とは限りません。農産物は、工業製品ではないので、毎年の気象条件や、表年、裏年がありまったく同じ味というのは難しいと思います。
もちろんオリーブオイルとお料理の相性がありますしいつも食べ慣れた味というのがありますし、和食には、もっと軽いほうがいいわとおっしゃる方もおられるでしょう。また健康効果を狙うのであれば、このタイプというのもあります。イタリアの鑑定士の方にこの質問をさせて頂いたことがあります。彼等は、どのメーカーというのを限定するのではなく、お気に入りの一本をみんな自分で見つけてほしいとのことでした。その為には、味を悪くする酸敗臭(酸化した油の臭い)が自分でわかるようになってほしい。またエクストラバージンオリーブオイルの特徴であるフルーティさを自分で感じ取ってほしいということでした。なるほど自分でオリーブオイルを鑑定してみればよいのですね!いろいろ試してみてお気に入りのマイオリーブオイルを見つけてみてください。そんな1本に出会えた時は、本当にうれしいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/72-97695631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。