イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーブオイルは、お料理の主人公になれるのか?

オリーブ畑で収穫するようになって、オリーブオイルのすばらしさに気づいた。
イタリアに来て収穫は4年目だけれど、まだまだ知らないこともたくさんある。
夫は、農業大学で働いているので、夫の同僚の専門家から頂いたアドバイス(肥料や、剪定、害虫対策や収穫時期、搾油、保存方法など、)正しいと思われることは、いろいろと試してみたりする。
生産量は、日本へ、輸出するなんて考えられないほど少ない。
とりあえず、収穫したオリーブオイルは、夫のマルケ州の実家や私達の1年分と、あと残りは、近所や知り合い、親戚に買ってもらっている。オリーブの木は、250本位でそれで、終わってしまう量しかない。一方私達の住んでいるプーリア州。イタリアのオリーブオイルの生産量第一を誇る。オリーブ生産者と話す機会もある。長年生産に携わっている農家に聞くと、費用をかけ苦労して質の良いオリーブオイルが出来上がっても、オリーブオイルでお金持ちになれることは、まずないということなのだ。むしろ作らないほうが、赤字にならなくて良いという農家も多い。たとえば、レストランに行って、お客さんは、食事の時ワインや水を別に注文する。時には、何本も注文してくれるお客さんがいる。ワインは、嗜好品であり、愛好家も多く、ステイタスシンボルにもなりえる。それでレストランは、儲かっているのである。でもオリーブオイルは?レストランが、どれだけ質の良いオリーブオイルを使っても、お客が支払う料金は、同じである。だから、レストランは、コストが高い質の良いオリーブオイルを使いたがらない。また家庭でも、物価高の今、調味料にそれだけお金をかける人も少ないだろう。
だから、いいオリーブオイルを作っても買い手がなかなかつかないというのだそうだ。
悲しい現実である。オリーブオイルは、お料理の主人公になれないかもしれない。でもすばらしいオリーブオイルがあると、お料理が、最高においしくなることこれも、事実である。
そして、その健康効果で、家族の健康を維持できるオイルなのだ。コレステロールを下げるための高い薬や、ビタミンEのサプリメントを買うお金で質の良いオリーブオイルを使ってみてもいいのでは?。まだまだ消費者に理解してもらえないことがたくさんある。でも、それも,少しずつ、少しずつ、消費者にわかってもらえる日が来るだろう。それが、生産者の今の願いだ。

Immagine 034
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/67-5b34a1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。