イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アホエン

「アホエン」という(吉本新喜劇のような名前!)有効成分があるそうです。
それはニンニクに含まれる成分「アリシン」が変化してできるもので、50℃~80℃に熱した油脂の中で分解してできる脂溶性の成分です。
脳を活性化して免疫力を高め、老化を防ぐといわれています。アホエンを抽出するオイルには、オレイン酸を多く含む「オリーブオイル」が最も適しているそうです。
インターネットで調べてみると、オリーブオイルの中に潰したにんにくを入れて加熱するとありますが、そんな面倒なことしなくても「アーリオオーリオペペロンチーノ」を食べればいいんじゃないの?
マリートに話すと「あれは料理じゃないよ。学生が食べる夜食だよ」とのこと。
そういえば彼はペペロンチーノ作ってくれたことがないっけ。
まあイタリア人にとっては、日本のお茶漬けのようなものなんでしょうねえ。

pasta1.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/53-788c97be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。