イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルベキーノ種

イタリアの永遠のライバルと言われているスペイン。
イタリア人はスペインのオリーブオイルを良いものとは思っていない。
それはスペインの代表的な品種「ピクアル種」のオリーブオイルがイタリアに流通していて、ピクアル種特有の香りがイタリア人にはあまり好まれないからだ。
私もスペインのオリーブオイルは、このピクアル種のものしか味わったことがないので、スペイン展で、アルベキーノ種のオリーブオイルに出会ったときは本当にびっくりした!

鼻から嗅ぐ香りがとてもフルーティーで、若草のさわやかな香りがする。
次に口に含むと、口いっぱいにフルーティーな香りが広がる。
ほどよい苦みと辛みがあって、とても美味しいオリーブオイルだ。
マリートに報告すると、アルベキーノ種は今話題になっている人気の品種だそうだ。

でももちろん前述の「ピクアル種」も、トロピカルフルーツのような香りがする、良い品質のオリーブオイルであることがわかった。スペイン産も素晴らしいオリーブオイルであることがわかった。
やっぱり色々テイスティングしてみないと、わからないものですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/51-6e8c42ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。