イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーブオイルテイスティング VOL.4

本日のオリーブオイルテイスティングは「Kiyoe」オーストラリア産。
なぜか日本人の女性の名前がついたオリーブオイルです。
南オーストラリアから初上陸したオリーブオイルで、一番絞り、ノンフィルターと書かれています。

まず鼻で嗅いだ香りは、若草のようなフレッシュで優しい香り。
口に含むと、鼻で嗅いで期待したほどには香りの伸びがない。
瓶が透明なので、酸化臭はやはりある。
喉でとらえる辛みがほとんどなく、イタリアやスペインのオリーブオイルとはかなり傾向が違う。
辛みが少ないということは、ポリフェノールの含有量も少ないということではないだろうか。
地中海と比べて、まだ歴史が浅いからなのか。
このクオリティで、120mlで1500円とはビックリ。

kiyoe2.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/50-5a5610c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。