イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディルというハーブ

今回のハーブ抽出実験はイタリア語でANETO、英語でDillディル。
なんでも魚料理と愛称のいいハーブらしいです。
効能は、お腹の調子が悪かったり吐き気があるときに服用すると効果あり。
また腹部が膨張し、満腹になるのを緩和するけいれん作用があり、
食欲を刺激し、消化を助ける役割も持っています。
鎮静剤としても使われていているらしいです。
写真に写っている水滴が、ディルから出てきた水とオイルです。
この水を遠心分離機で除くとエッセンシャルオイルが取れます。
本当に、少量なので、エッセンシャルオイルって高価なんですね。
この日は、炎天下での作業。暑かった~。
帰りにこのディルをもらって帰って、畑でもらった野性のルッコラとディルとミニトマトで、
ソースを作って、ジャガイモとショートパスタをいっしょに茹でて食べました。
プーリア人から教えてもらったレシピです。
不思議な味。ディルの香りがほのかにして、なかなかおいしかった。

158707503_66.jpg


158707503_220.jpg

スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/45-3bb6126c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。