イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番搾り

引き続きラベルのお話です。
日本では、オリーブオイルの「一番搾り」という言葉を耳にすることがあります。
「オリーブオイルの一番搾り?当たり前やん、ビールみたいな名前のオリーブオイルなのかな?」
と思った私は、オリーブオイルに二番搾りが存在するのか、調べてみました。

イタリアでは、ランパンテ(酸化度が高い。エキストラバージンやバージンオリーブオイルは酸化度は低いです)に溶剤を加えて、化学的な処理をしたり、オリーブの搾りかすから有機溶剤を使って搾り出したオリーブオイルがあります。
これが言ってみれば二番搾り?
はっきり言ってこういうのはオリーブオイルとは呼べないけれど、それにエキストラバージンオリーブオイルをブレンドしたりして、商品にしているそうです。
うーん、美味しくなさそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/44-c4852a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。