イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーブオイルテイスティング VOL.2

先日やまやで買ったシチリア産のオリーブオイルをテイスティングしました。
「FRANTOIA フラントイア」(バルベラ社)という銘柄で、ボトルにはこのように書いてあります。
「イタリア、シチリア島パレルモ近郊で収穫されたオリーブの実を使用。
11月から12月初旬にかけて手摘み。石挽きした後、圧搾、遠心分離により水分除去する昔ながらの製法でできたノンフィルターのオリーブ油です」
うーん、香りがよく、フルーティーで、苦み、辛みがしっかりあるシチリア産らしいオリーブオイルですが、ほんのすこーし酸化臭を感じます。
伝統的な圧搾法による搾油段階で生じたものだと考えられますね。
マリートの実家も、この方法による搾油でこのような欠点が生じてたので、この表記を見て、納得という感じです。
でもコスパも良いし、クオリティは良いオリーブオイルですね。
sicilia.jpg
スポンサーサイト

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/34-888e5690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。