イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーブオイルテイスティング講座4日目

今日で4日目です。
今日も5時間半、みっちり授業がありました。

おとといは、農大の先生のイタリアにおけるオリーブの文化的背景、循環器系のお医者さんの講義、パネリストによるオリーブオイルの説明。

今日は、油の化学式、オリーブの実の構造、成分の説明を2時間半、オリーブオイルテイスティングのテスト1時間、あと後半2時間は、オリーブ栽培法の授業でした。
後半は、ハーブの先生がいつも言っている光合成とか、肥料の説明、害虫対策、剪定、収穫テクニック、収穫時期、品種、農業機械の説明で、けっこうハーブの授業とだぶるところがありました。
この先生はマルケ州のオリーブオイルパネリストで、味見しただけで、そのオリーブオイルのトレーサビリティ(どこで採れたとか)や、どんな保存方法だったかを一発で当ててしまうので、驚くばかりです。
スポンサーサイト

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/18-505f1139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。