イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーブオイルテイスティング講座(最終日)

金曜日、マリート(夫)が6時まで授業があって、
そこからマルケに行く電車を探すと、インターシティの接続が悪すぎ。
で、夜中の3時に車で出て途中のテルモリまで行って、テルモリ→ペスカーラ→ジュリアノーバ→チビタノーバマルケ→マチェラータまで250KM、ガタンゴトン普通電車を乗り継ぐことに。
イタリアは、夜中も電車が走っているので、こういう時便利。
夜中の駅は人っ子ひとりいなくて、さぶぅ~。
昼間見たことないでか~いタンク車が何台も駅に止まっていたりした。(写真上)
写真下は、朝7時のジュリアノーバ駅。

9時半マチェラータ着。
パパさんが迎えに来てくれて、一緒にコースの会場へ行った。
今日は最終日で、テイスターとしての適性があるかどうかを見る試験がある。
試験の要領を担当の先生が説明していた。
だんだん緊張してきた。
オリーブオイルのテイスティングは、心理的に不安定な時はしてはいけないことになってるらしいけど、それじゃあテストなんて無理や~ん。
昨夜電車で揺られて、睡眠不足&鼻づまり、そんでもって緊張でベストコンディションではないし。
1、筆記試験
2、オリーブオイルのテイスティング評価試験
3、3つのオイルを鼻でかいで、ひとつ違うオイルを当てる試験
4、鼻でかいで5段階の匂いの強弱順に並べ替える試験
5、5つのオリーブオイルの欠点の理由を説明する試験

前にやった試験とあわせて、合否が判断される。

3は「なーんだ簡単やん」と思ってたら、
匂いが微妙すぎで、ワタシの悪い鼻ではぜんぜん無理!(泣)

匂いは、1回で当てたほうが確率が高いみたい。
何回もかいでいると、だんだんどれも同じ位の強さに感じてくる。

いよいよ合格発表、アルファベット順に名前が呼ばれた。
なんとかパパさん、そして私も合格!(涙)
一人おとなし~い感じの男の人がいて
彼の鼻と味覚はすばらしかったと審査員の人がほめておられた。

あと2年以内に、イタリア国内で20回(期間をあけて)テイスティングをやらないといけないらしい(長い‥)第1回目のテイスティングが早速今週土曜日にあるらしい。
ってことは、また今週も朝3時に出発かい!!!

359911273_190s.jpg
359911273_179s.jpg

スポンサーサイト

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/15-c8bec12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。