イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿伊勢丹イタリア展

松屋に続いて、今週は新宿伊勢丹のイタリア展へ行きました。
銀座松屋と同じ内容と思っていたら、出ているお店がずいぶん違う感じ。
イートインのお店など、イタリア現地から呼び寄せたお店がいくつかあって、銀座松屋では一人しかいなかったイタリア人が、伊勢丹にはあちらこちらに!バールやジェラテリアもスタッフはイタリア人だらけで、ナポリのピッツェリアの職人もイタリア人、松屋に比べたらイタリアの雰囲気がありましたが、催事場の通路が狭いのが、ちょっと見にくい感じです。
銀座松屋で買って気に入ったウンブリアのオリーブオイルを探しに行ったのですが、そのお店が見つからない…おいしくてコスパもいいので、もう一本買いたかったなあ。
でも松屋では見かけなかった、マルケ州のオリーブオイルを見つけて感激!
イタリアのオリーブオイル界で、一つの動きとなっているMonovarietali(単一品種)のみで作ったオリーブオイルが、初めて日本で販売されているのを見ました。
価格は458mgで6048円!
味は、実家で取れたオリーブオイルの味によく似ているかな。

italia-isetans_20071023195858.jpg
スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/14-79fccbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。