イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーブの収穫 一日目

オリーブ畑、ミレーの絵のような風景がひろがっています。
お天気がいいと、オリーブ収穫もなかなか楽しい。全身ストレッチ運動になり、ウエストもシェイプアップ?の効果は、まだ見えませんが。。。

ここのオリーブの木は、樹齢200年~300年。
マルケ州の景観のアクセントになっています。
マリートの家では、今までずっと手摘み作業でしたが、今年からは思い切って、収穫マシーンを導入しました。
はしごに登って、実を獲るのは、過去のものに!
手積みをすると、網に入る人数も多く実が汚れやすいし、時間が非常にかかって、実も熟しすぎる。はしごは非常に危険だし、作業するひとが高年齢で危険すぎる。
はしごから落ちるリスクを考えたら、(もうパパさんが落下事故で治療中)たいへんな出費だが、しょうがないでしょうと家族会議で決定!専門家もオイルのクオリティに関係ないとのこと。(機械は、枝や葉を振動させるので、実に傷はいきません)かえって収穫したらすぐ、搾油できるので、おいしくなるとか。

オリーブオイルのコースに通って、今まで頑固に守られてきた伝統的方法の正しいこと、間違っていることを学びました。
ワインに興味を持つ人が増えて、ワインブームが起きたように、
オリーブオイルも今は生産者より、消費者やマーケットの知識や要求が上回り、それに生産者がどんどん追いつかなければいけない世の中になったそうです。
何の情報が正しくて何が間違っているのか、生産者も見極めないといけない時代ですね。

去年日がな、木に上って、オリーブの実を落とすのも楽しかったですが、今年、テレスコープを持ってオリーブの枝を打つのは、シュワちゃんがマシンガンを持っているようでかっこいいでしょ。かっこいい?

photoolive3.jpg
スポンサーサイト

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/1-aa168744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。