イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モカお一人様用

手軽にエスプレッソコーヒーが作れるモカ。
今では日本でもお店で売っている。
いつも朝、モカでコーヒーを作って、牛乳をチンして、カフェオレを作ります。
うちは、マリートがコーヒー嫌いなので、自分用にモカも1人分できる一番小さいやつ。
このお一人様用のは、すごい重宝しています。
すぐコーヒーができるし、手入れも簡単だし、いつもフレッシュなコーヒーが飲める。
3人分用も家にあるけど、コーヒーを作っても、あまっちゃうし、飲みすぎも体によくない。
これはお客さん用に使っています。
モカをいつもピカピカに保つには、マンマいわく、洗った後、キッチンペーパーでモカをきれいに磨く。確かにコーヒーでモカはすぐ黒ずんでしまう。
ズボラをしないで、きちんと紙でふいていつもピカピカに使いたいものだ。
でもなかなか実行していませんが (^^ゞ
モカメーカーは、Bialetti のが大手みたい。
値段もいろいろだけど、味に違いが出るかどうかはわからない。
エスプレッソコーヒーはまわしモンではないけどLAVAZZAが好き。
イタリアのスーパーでどこでも買えるし、今は日本でも手に入りますね。
このメーカーのカフェインレスdecaffeinatoも、
カフェインが入ってないとは思えないほどおいしかった。
前日本に帰った時、成城石井さんで見たような。
ま、私は春は特に眠たいので、カフェインで目を覚まさないと。
コーヒー飲みすぎに注意です。

382189200_229_20071009225712.jpg

382189200_59.jpg
382189200_87.jpg
スポンサーサイト

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

地元テレビ局の取材を終えて

中国語と日本語の学校の提案者は、私達が偶然知り合った元レッチェで、高校の校長先生をやっていた人。彼女はもう年金生活なんだけど、やはりまだ教育関係に携わっていたいとのこと。パワフルでとてもかわいい人。今回テレビ局も彼女といっしょに行った。
スタジオはけっこうこじんまり。まっ赤のソファーが置いてあるだけだった。
司会担当のお姉さんは、すごくチャキチャキしてて、そしてとても美人だった。

カウンターに携帯電話をあずかってもらいスタジオへ。
今まさに生放送やっていて、二人お笑い系の人がしゃべっていた。
担当の人が「この後クイズが終わったら出てください」とのこと。
「え、生放送なの、これ?」ってことは取り直しできないの!ちょっと驚いた。

カメラの前で元校長先生もだんだん緊張してきたみたいで、
私も彼女の緊張が移ってしまう。
結局シナリオまで用意した私でしたが、限られた時間にしゃべれることは、ほんの少しで、何を言ったのかも覚えてないくらい(笑)
でも元校長先生は、緊張していながらも、しっかり学校の趣旨を説明してくれた。ヨカッタ。ほっ!

司会者のお姉さんが「今はあなたの名前を発音するのはほとんど不可能ですが、きっとこの学校の授業を受けた後は、皆様も言えるようになりますよ!」と言って締めくくった。
(ちょっと大げさすぎじゃないかな?私の名前けっこう簡単だけど。それくらい日本語はめずらしい言語らしい)
明日朝8時半に再放送があるそうです。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

地元テレビ局の取材

昨日アジアランゲージセンターに、フォッジャ地元テレビの取材依頼が入った。
一緒に学校をやっているフォッジャの先生と日本人の私も。
でも、まだ中国語の先生が決まっていないのが問題なんだけど。

テレビ取材なんて初めて。
テレビは見るもんで出るもんではないと思っていたけど。
でもそこは関西人!けっこうこういうの好きかも(笑)

マリート(夫)「しっかりね!おバカなことを言わないようにシナリオを書きなさい。」
ハイ、ごもっともです。手短にシナリオまとめておこう。

フォッジャの街の印象
ギリシャ時代からの長い歴史と文化背景のある美しい地中海の街、フォッジャに来ることができてとてもうれしい。
とにかく!住みやすい。気候に恵まれている。治安が良い。
都市計画の区画がきっちりしている。人も親切。
学生が多く、街が若い。最近美化運動がすすんで、街がとてもきれいになった。
犬も散歩できる広い公園があって、ペットもストレスがなく楽しそうにしている。

フォッジャの好きな所
夜の街の中心のお散歩。
夏、美しい海岸がどこまでも続くガルガーノの海で過ごすのが好き。
生鮮食料品メルカート、ファルツオモビメントのミニシアター系の作品が多い映画館。
どこまでも続く小麦畑、オリーブの樹海、うちわサボテンの林。
マンフレドニアの漁港、マッティナータの町、美しいガルガーノ半島。
サンジョバンニロトンドのパードレピオ神父の教会、モンテサンタンジェロの教会。
トレミティ諸島、アペニン山脈側のルチェーラ、トロイア、ボビーノ、オルサーラの古い街。

フォッジャのおいしい食べ物
もちろんとっても美味しいオリーブオイル!
チーメディラーパのオレキエッティ、ピザ、タラーリ、オリーブの実。
おいしいプーリアのパン、カチョカバーロのチーズ。
フィノッキやアーティチョークなどの新鮮な野菜、マンフレドニアでとれた新鮮なお魚。
野菜中心の食生活はとても健康に良いです。
フォッジャの食生活は、不健康な食生活を送る現代人には、
見習わないといけない点がたくさんあります。
あと、ソットゼロのジェラート、マンフレドニアのトマシーノのジェラート屋さん(イタリア国内のコンテストでシチリアに次いで第二位になったこともあります)もとてもおいしいです。

アジアランゲージセンターの役割
とても遠く離れた私たちですが、それゆえに文化交流はおもしろいものになると思います。
ことばを通じて中国、日本の文化を感じてもらえたらうれしい。
フォッジャの皆様にも漢字のおもしろさ、美しさ、中国語や日本語の美しい響きを楽しんでほしい。


シナリオはこんなところでしょうか。

では、いってきまーす!

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

きのう朝起きたら、家の前の小麦畑に虹が~!!
360611788_123.jpg

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

週末マルケで

土曜日。朝早く家を出てマルケへ。
お昼頃家に着いて、家族でお昼を食べる。
3時に従兄弟のお姉さん所の美容院に行って、髪を切ってもらい、
その後オリーブオイルのテイスティングの会場へ。
50人位人が集まっていて、5種類オイルのテイスティングをして、
パネリストからのオイルの説明を聞く。

夜は、テレビで、家族みんなサンレモ音楽祭を見ていた。
この音楽祭は、5日連日あるんだけど、メローな曲が多くて、いつも眠くなってしまう。
今年の司会のMichelle Hunzikerさんは、かわいくて好きなんだけど。
今回の出演料も2億5千万円位だったとか。
金曜日も10分で、眠てしまったが、後で女優さんのペネロペクルスが出演していたそうだ。

日曜日は教会のミサに行って、近所のおばちゃんや従兄弟のお姉さんと立ち話。
帰りは、お天気がすばらしく良いので、ピティーノ山を散歩がてら家まで歩いて帰った。
(写真3枚 中央の写真はミモザのお花、水仙も、もうこんなに咲いていました。春ですね)

お昼の後は、96歳になるマリートのおばあちゃんが住むおじさんの家へ。
おばあちゃんは今日も元気そうで、マリートが来るとうれしそうだった。

今朝はまた朝6時に出て、FOGGIAへ帰った。
帰りに魚屋さんでスズキを2匹買って帰った。

365403894_112.jpg

365403894_56.jpg

365403894_139.jpg


テーマ:スローライフ - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。