イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のコマーシャルを見てびっくりすること

日本に帰った時、コマーシャルを見るとちょっとびっくりすることがあります。食べ物のコマーシャルなんですが、一人で作ったお料理を一人で食べるシーンが多いこと。そういう私もかつては、お一人様志向な生活を送っていました。仕事上残業が多く食事の時間も家族とバラバラ、時間のないときは、ラーメンやハンバーガーとフライドポテトのファーストフードだけの食事。それが当たり前になっていたのです。イタリアに行って、あちらでは家族みんなで一緒にお食事が基本です。最初は慣れなくて、ちょっと閉口したこともありました。パスタが茹であがったら、何をおいても席についてなくてはならない不文律。週末は家族で食卓を囲む習慣。これは中世の時代に描かれた絵やダビンチの最後の晩餐にも描かれているから、イタリアは昔からこういう風に皆で食卓を囲む風習があったのですね。時どき教会の神父さんにお話を聞いていても、食事を皆で食べる大切さをお話されています。よくイタリア映画でみる長いテーブルにたくさんの人がいっしょに食事をする風景。最初は、正直面倒に思った習慣でした。でもそういう生活を数年続けてみると、それが自分の習慣の一部になり、今度は、一人で食事をすることに違和感を感じるようになったのです。だから久しぶりに日本でコマーシャルを見ると、ちょっと悲しくなって。日本もちょっと前まではイタリアみたいに、みんなで食卓を囲んでいたのにいつのまにお一人様志向になってしまったのか。個食という言葉があるそうです。忙しい現代人には今は難しいかもしれないけれど、たまには家族や友人と一緒に食卓を囲みたいですね。

Leonart_Supper.jpg

スポンサーサイト

チャパティ

今日はなんかカレーの気分。
買い物に行くのが面倒なので、今晩は豆カレーに決定。
イタリアでは豆をよく食べます。カレーにする人は少ないと思うけど。
意外にもインドのスパイスは結構手に入ります。

お米が切れていたので、久しぶりにチャパティを作ってみました。
これは日本でいう中力粉と塩と水をこねるだけというシンプルなもので、
一枚づつ麺棒でのばしながらフライパンで焼くのですが、
この時に欠かせないのがオリーブオイル。
揚げ焼きに近い状態で焼いていくので、結構油を使うのですが、
オリーブオイルなら風味もよく油っぽさが気になりません。
抗酸化作用が強いので酸化しにくい&オレイン酸のもつ効果で油が食品の内部に浸透しにくいので、ヘルシーなんですよ。

curry5.jpg

テーマ:インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ - ジャンル:グルメ

グリーンピースのパスタ

日本ではオムライスなどにちょこんとついているグリーンピース。
なんか添え物って感じで、嫌いな人も多いですよね。
イタリアでは、グリーンピースを割とよく食べます。
食べ方としては、パスタやリゾット。
冷蔵庫に何もない時などは、ツナ缶かパンチェッタ、そしてグリーンピースの缶詰があれば、チャッチャッと作れちゃいます。
あと必要なものはパルメザンチーズと美味しいオリーブオイル!
これさえあれば本当あっと言う間に作れちゃいますよ。
今日の組み合わせはベーコン&グリーンピース。もちろんパルメザンも。
(ちょっと焦がしちゃいました)
パスタはフジリです。スパゲティでも美味しいです。
でもツナ缶のときにはパルメザンはかけません。
今日はビアンコですが、トマトソースでもOK!
リゾットの時は、グリーンピースは煮込まないで最後に入れるのがポイントです。

Fujilli.jpg

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

マンマのレシピ

今晩はマンマレシピ。
豚の固まり肉を茹でたスープです。
今日の豚は(最近少し食べ過ぎなので)脂身の少ないヒレ肉を使用。
鍋にたっぷりの水と塩。
豚肉を固まりのまま入れて、玉ねぎやトマト、セロリ、にんにく、人参を
風味付けに大きく切ってドボンと入れます。
茹でること2時間(今日は圧力鍋を使ったから30分)
出来上がったら、豚肉や野菜を取り出し、ちっちゃいパスタ(DAMAといいます)を入れて、スープの中で茹でます。
あとはパルミジャーノとオリーブオイルをかけるだけ。
お肉もスライスして、温野菜を添えて、オリーブオイルをたっぷりかけます。
これで2品完成!

身体が弱っているときに、飲むと元気になるマンマ直伝のスープです。

soup2.jpg

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

マンマの味

今日はランチにジェノベーゼソースのペンネを作った。
イタリアで暮らして気がついたことのひとつは、パスタが日本で食べるものとずいぶん違うこと。(本場だから当たり前?)
日本で食べるパスタは、具が入りすぎ、ソースもかけすぎで重たい感じがする。
イタリアのパスタは、もっとシンプル。
麺の味、食感、そしてオリーブオイルの風味を楽しむために具はあまり入れ過ぎない。
マンマの作るパスタは、具は、三種類まで。
たとえば、トマトソースならにんにくとバジリコとか、ひき肉とタマネギとパルメザンチーズとか。冷蔵庫の余り物を全部放り込むなんてことはしない。
それって、日本のうどんに似ているかな。
本当においしいうどんだったら、釜玉うどんや、生醤油うどんがいちばんおいしいでしょ?

20071012231224_20071021212211.jpg

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。