イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人と桜の木 イタリア人とオリーブの木

ciliegi.jpg

イタリアに住んで、とても日本に帰りたくなる時期がある。それは、春ちょうど桜の満開の季節である。ああ、日本は、今ごろ桜が満開なんだろうなあ~って毎年この季節は郷愁で胸がいっぱいになるので困ったもんだ。イタリアにも桜らしい木は、ちらほら見るけれど、日本のように、桜並木や、吉野のような山全体が桜の木なんてことはない。日本には有名なソメイヨシノをはじめ、枝垂れ桜や、八重桜、山桜など何十、何百の品種が存在している。たぶん、中国やアメリカにも桜はあるだろうが、日本ほど桜の木にこだわり愛着を持っている国は、世界中探してもどこにもないだろう。室町時代の日本画や、江戸時代の浮世絵の中にも、桜を愛でる光景が描かれている。花見が待ちどおしい思いは、今も昔も変わらないだろうか。お花見はとても楽しい行事である。桜の見頃は、とても短くて、1週間かそこらだけれど、桜の木を植えつづけてきた日本人の心。そんなことを不思議に思うようになったのも海外に住みはじめてからである。
そういうわけで、日本から出てきたからか、木に対する愛着というものが、私の中にあるようである。
地中海の国々に行くと必ずオリーブの木が植わっている。私は、中部、南イタリアと南スペインしか知らないけれどどこもオリーブの木だらけである。収穫を体験しはじめてからは、オリーブの木を見るとなんともいえなく穏やかな気持ちになる。イタリア人がオリーブにこだわりオリーブの木をとっても大切にする気持ち、それは、日本人の桜に対する思いのようなものだろうか。イタリア人は、オリーブについて歴史があるからと表現する。日本の桜と同じである。
スポンサーサイト

コメント

今日、お花見に行ってきました。といっても、並木道をサイクリングですが・・・。
イタリアでは、オリーヴの木なんですね。
食用の栽培以外に、オリーヴ並木みたいなものもあるんですか?
ヨーロッパの並木道って、日本の並木道みたいに、頭が木に付きそうな低い木なんてないですよね。とっても堂々とそびえたっているところが、私は大好きです。日本ももっと高くすればいいのに・・・とよく思います。でも、この低さが日本らしいのかな~?!

  • 2008/04/06(日) 22:34:46 |
  • URL |
  • Kumi.Y #-
  • [ 編集 ]

桜並木をサイクリングいいですね~うらやましいです。
ヨーロッパというとやっぱり並木道って糸杉でしょうか。
すっとまっすぐ伸びていてきれいですね。
オリーブはやはりみんな実や油を取るためのようです。ローマ人は、実用的ですね。イタリア中植えれるところは、どこでもオリーブが植わっていて
感心しちゃいます。
イタリア人にとって桜は、花よりサクランボ。どうして日本人は、サクランボをとらないんだ??と不思議がられています。そういわれるとと私もどうしてなのかなと思いますけど。

  • 2008/04/06(日) 23:18:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/02/07(火) 21:55:44 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/70-0d201153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。