イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーブオイルテイスティングVOL6

本日のテイスティングは、先日イタリアはマルケ州の友人に頂いたもの。
マルケ州「Carmine社」単一品種のみで作られたオリーブオイルです。
このオリーブオイルは、伊勢丹のイタリア展で売っていたものと同じものでした。
そのときの値段は458gで6048円。(写真のボトルの内容量は異なります)
数々の賞を受賞しており、単一品種のみで作られています。
まず鼻で嗅いだ香りは、若草の香り。
口に含むと、上等な日本茶のような甘みと若草の香りが、緩やかな曲線を描いて伸びていく感じ。
それはとても上品で軽やかで、いつまでもその余韻に浸っていたいような気持ちになります。
それでいて喉でとらえると強烈な辛み(ポリフェノールたっぷりな証拠)を感じました。
この対比がすばらしい!欠点は感じられませんでした。

イタリアの商品ホームページを見るとブルスケッタにあうと書いてありました。
マルケ州のオリーブオイルの特徴で口当たりはさらっとしています。

「Carmine社」www.aziendadelcarmine.it

DSCN0071.jpg
スポンサーサイト

コメント

楽しいです

今年になってオリーブオイルに目覚めた者です。
自家製酵母でシンプルなパンを手作りするのですが、オリーブオイルと少しのお塩でいただくのが私には最高のご馳走。
おいしいオイルの情報を本やネットで勉強しつつ、なかなか進まないテイスティングにいらつきながら(我が家では消費するのはほとんど私一人なのでなかなか減らないのです!)それでもわくわくしながらいろんなオイルとの出会いを待っています。
こんな詳しいブログはとても嬉しいです。オイルのことだけに限らずオリーブのこと、教えてくださいね。

  • 2007/11/02(金) 22:47:35 |
  • URL |
  • フータ #-
  • [ 編集 ]

楽しく読んで頂いて、とてもうれしいです!
また遊びに来てくださいね!

  • 2007/11/04(日) 22:30:52 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oliveoiltasting.blog114.fc2.com/tb.php/60-c8985f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。