イタリアオリーブオイル生活

イタリア農家に嫁いで3年。オリーブオイル鑑定士を目指しています。 収穫に携わるうちにオリーブオイルをより深く理解したいと、イタリアプロフェッショナルオイル鑑定士のコースを受講。適正テストに合格しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカラトミー パスタマシーン ”パスタパスタ”

生パスタを作れるおもちゃを作ってしまうなんて、イタリア人もびっくりでしょう。
フェットチーネや、ショートパスタも作れるなんて、素敵!

タカラトミー パスタパスタ
スポンサーサイト

旬のものを食べることは、エコなんですね。

ネットで日経を見ていたら、こんなコラムが載っていました。旬のものを食べることが、エコなんですね。

http://eco.nikkei.co.jp/column/eco_methode/article.aspx?id=MMECz5000011032009

Vini Italy

今年も4月にヴェローナで ヴィーニイタリーが開催されます。
ワインのバイヤーの中では、言わずと知れたイタリア最大の見本市ですが、こちらは、もちろんエキストラバージンオリーブオイルの展示会としてもイタリア最大です。
VINI ITALY 2009

私は、数年前オリーブオイルのブースに3日立たせて頂きましたが、まだまだ日本からのお客様が少なかった。他の国のお客様(アメリカや、中国や、インド)は、たくさんおられましたが。お声をお掛けしても、今回は、ワインを見にきたのでということでした。
今年は、日本人バイヤーの方々もたくさん見に来て頂きたいです。
去年は、オリーブオイルの当たり年だったので、生産量も質もよかったようです。
きっとおいしいオリーブオイルが見つかるはずです。


ノーヘルでヘルメットがもらえる


たしかに、北イタリアや中部イタリアは、ヘルメット着用が徹底されていますが、南イタリアでは、ヘルメットをつけないで、バイクに乗る若者が多かったです。
危ないなぁ~、ちゃんとメットを被ろうよ!といつも思っていたのですが、こんなおもしろいキャンペーンがプーリア州のバーリ市役所で行われているそうです。違反金70ユーロでヘルメットがもれなくついてくる!お得な買い物ですね!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080708-00000008-rps-soci

また飲酒運転をすると、車没収っていう法律もぜひ日本でもやってほしいなぁと思った限りです。
ここまですると、絶対飲酒運転は、なくなるでしょう。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32135620080606

夏のオリーブオイルの保管について

今ヨーロッパは、猛暑だそうです。日本も梅雨が明けると、もうすぐ暑い夏がやってきますね~。夏生まれで夏が大好きな私ですが、ひとつ気になるのは、毎日大切に大切に使っているお気に入りのオリーブオイル。そう、オリーブオイルは、どうしても熱と光に弱いんですね。25度を超えると品質が劣化しやすい油なんです。せっかくの若草のフレッシュグリーンな香りや、トマトやアーティチョークのデリケートな風味のすばらしいオリーブオイルを買ってもそれが、劣化によって酸化臭がしてしまったり、風味が飛んでしまったりすると、本当に悲しいですよね~。光は、なんとか、暗いところに置いたり、アルミホイルで包んで遮光すれば、大丈夫なんですが、温度だけは、どうしても管理しにくいです。ワインクーラーならぬオリーブオイルクーラーがほしい位です。イタリアでは、光のあたらない地下倉庫の涼しい所に保管されています。マルケ州の搾油場の保管所も山の高いところにあって、夏でも涼しいです。でも日本のマンション暮らしでは、それも無理ですよね。かといって、冷蔵庫に入れちゃうのは、ご法度です。温度が低すぎて、これまた品質が著しく劣化し風味を失ってしまうのです。まぁ、これは、どうしても避けられない問題ですが、できるだけ部屋の涼しいところにおいて、早い目に使い切る。夏は、野菜がおいしい季節。サラダにた~っぷりかけて楽しもうと思います。蛇足ですが、使い勝手が良いからといって、ガスレンジの前にオリーブオイルの瓶を並べている人がいますね。確かに瓶はおしゃれだし、キッチンのアクセントにはなると思いますが、オリーブオイルちゃんは、悲鳴をあげていると思います。涼しいところに、置いてあげて、大事に大事に扱ってあげてくださいね!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。